【小学校受験】東洋英和女学院に合格するご家庭

こんにちは!幼児・小学校低学年向け家庭教師派遣のミセスサリヴァン

代表の言水(ゴンスイ)です。

 

小学校受験で女子校を希望されているお母さまによく聞かれるのが

「東洋英和にはどういうお子さま

 ご家庭が好まれるのでしょうか?」

というご質問です。

英和は試験日が11月2日だった頃は10倍~11倍、

試験日を11月1日に戻した昨年度でも7.8倍あり、

非常に倍率が高くなっています。

 

東洋英和の試験問題は、雙葉や聖心とくらべると、

比較的解きやすいだけに、どこを重視して合格する

お子さま・ご家庭を選んでいるのかが、わかりにくいのです。

 

ですが、サリヴァンの英和担当の先生方のお話や

英和に合格された会員さまの試験後のアンケート調査から、

明らかに合格しやすいご家庭像がある

と感じています。

 

〇お母様がしっかりお料理をしている

〇お父様が積極的に育児にかかわっている

 

今まで英和に合格されたご家庭は例外なくこの2つに

合致するご家庭です。

 

お母様のお料理が大切と申し上げると、

考査にむけてお子さまのトレーニングに注力して

必死に頑張っていらっしゃるお母様は驚かれるのですが、

英和の面接ではお料理にかかわる質問が本当に多く聞かれています。

 

お母様に対しては

〇家族みんなが好きな食事のメニューはなにか?

〇朝ごはんで必ず食べるものはなにか?

〇お子様がいちばん好きな料理はなにか?

 

お嬢様に対しては

〇朝ごはんで好きなものはなにか?

〇お母様の作るお料理で好きなものはなにか?

〇お弁当に入っていると嬉しいものはなにか?

 

普段のご家庭での食文化にかかわるご質問が、

これでもかというくらい聞かれています。

今までに合格されたご家庭のお母さまはほぼ例外なく

お料理がお好きでお食事を大切にしていらっしゃいました。

糠床を持っていらっしゃる方や、皮まで手作り

して肉まんを作られる強者もいらっしゃいました。

お母様がお料理好きで、ご家族でおかあさまの作った

美味しい食事のテーブルを毎日楽しく囲んで団らんしている、

そんなご家庭は、英和向きです。

 

また、お父さまにはまず、アンケートで

〇帰宅時間がだいたい何時くらいか?

〇1週間のうちどれくらいお子さまと夕食がとれるか?

〇ボランティア活動について

などを聞かれます。

要するにお父さまが帰宅後にどれくらいお子さまと

かかわっているかと、幼稚園や住んでいる地域に

どれくらい協力・貢献しているのかということです。

 

面接ではお父様に向けて

〇お子さまとどんな遊びをしているか?

〇お子さまからどんな父親とみられていると思うか?

〇幼稚園の行事で印象深かったことは?

〇奥さまと娘さんをみてうらやましいと思うことは?

〇姉妹で似ているところ、ちがうところは?

〇お子さまとお父さまの似ているところは?

〇将来娘さんが何になりたいと思っているかを知っているか?

などなど、お父さまの教育方針やどんな女性に育ってほしいか

などということではなく、徹底して

「日頃お子さまとどうかかわっているか」

が聞かれています。

日ごろからお子さまとたくさん遊び、幼稚園の行事に欠かさず参加し

たくさんの時間を共有していなければ、これらの質問に

きちんと回答するのは不可能です。

 

幼稚園の行事や父の会などを楽しむことができて、

毎晩は難しくても朝は必ずお嬢さまと朝食をとり、

家にいるときにはお嬢さまと仲良く遊び、

休みの日にはお弁当をもって公園にでかけるのを

楽しみにしている、そんなお父さまは、間違いなく英和向きしょう。

 

ちなみに英和の試験では「問題」自体は難しくありません。

ですが「発問」はやや難しいのです。

ようするに回答のしかたについての指示に特徴があり、

そこをきちんと聞き取って回答できないと、

問題自体は解けても正解ができません。

 

ですので、難関女子ペーパー校を視野にいれて

トレーニングを積んでこられたお子さまが、

11月1日にどこを受験するかを検討した結果、

英和を第一志望にとお考えになって、夏の終わり

頃から英和むけの過去問や類問をときはじめると、

難しくない英和の問題で思ったように正解できない!

ということがおこります。

発問をしっかり聞き取るトレーニングは

早めにはじめましょう。

英和に限らず女子校は「言語」がとても大切です。