【小学校受験】小学校受験塾の選び方

こんにちは!幼児・小学校低学年向け家庭教師派遣のミセスサリヴァン

代表の言水(ゴンスイ)です。

 

 

本年度の小学校受験が終了し、お子さまが新年中・新年長さんになられ

て、そろそろ通塾を検討されているご家庭も多いのではと思います。

( 普通、幼稚園や保育園では4月が新年度のスタートですが

小学校受験の幼児教室では、私立小学校の考査にあわせて

11月が新年度のスタートになります)

ここにきて、

「どこの塾に通ったらいいですか?」

というご質問をいただくことが大変多くなっております。

 

どこの塾に通ったらいいかについては

どの学校を志望するか

お子さまとご家庭がどんなタイプか

によって決まります。

 

昨今でとくに、小学校受験の塾は

「難関ペーパー校に強い」

「女子校受験に強い」

「〇〇小学校に強い」

など、小学校のタイプまたは学校によって専門が分かれる

傾向が大きくなっています。

 

難関校の考査は熾烈を極め、かつ学校によって

考査で聞かれる内容も好むお子さまも違います。

ですので、難関校であればあるほど、その学校に特化した

対策が必ず必要になるからです。

 

もちろん、ペーパー校であっても行動観察校であっても

年中さんまでの基本のベース部分は一緒です。

ただ、基本のベースを厚くしてゆきながらも新年長の

春くらいからは志望校にあわせた対策をしてゆく必要があります。

 

学校によっては考査の方向性がまったくちがうので、

ご志望が難関ペーパー校であれば難関ペーパー校を得意としている教室に

ご志望が行動観察校であれば行動観察校を得意としている教室に

通う必要があります。

もちろんペーパー校でも行動観察校でも学校によって

考査の内容は違います。最初からご志望校が決まってるに越した

ことはありませんが、絞り切れていない場合には

まずは志望校の方向性を決めてゆきましょう。

 

ご家庭の教育方針やお子さまのタイプ状況に照らして

〇女子校なのか共学なのか

〇一貫校なのか中学受験校なのか

〇一貫の場合はどこまで附属している学校がいいのか

〇宗教があるほうがいいのかないほうがいいのか

〇自宅からどこまでを通学範囲にするか

〇ペーパー校なのか行動観察校なのか

〇自由な校風がいいのか、かっちりしている校風がいいのか

など、さまざまな側面からご志望の学校を検討してください。

もちろん、学校説明会に足をはこばれ、学校を実際に見たり

校長先生のお話しをお聞きになることも大切です。

また、実際にその学校に通っている方や卒業生の方に

お話を聞けるとさらに具体的なイメージが持てると思います。

 

志望校のイメージが固まったら、その学校の対策を得意としている

教室をいくつかピックアップして、体験授業に参加してみてくださいませ。

 

また、

〇志望校がどうしても決めきれない

〇志望校が複数あって、それぞれにタイプが違う

そんなこともよくあると思います。

そうなった場合は、まずはそれほど遠くなくて

かつ信頼のおける先生のいらっしゃるお教室を探され

総合クラスのような全般的な授業と、場合によっては

体操・美術巧緻性の授業をお取りになって基礎力をつけ

志望校がしぼれたタイミングでその学校の対策を得意としている

教室に転塾するという方法があります。

 

ただ、とくにここ数年は人気の幼児教室は非常に申し込みが多く、

タイミングが遅れると希望のクラスに入れないということも多くあるのです。

昨年も本年度も転塾を決意されるタイミングが遅かったために

希望のお教室に入れなかった方がたくさんいらっしゃいました。

また、お教室によっては転塾しようとするのを強くお引止めに

なる教室もあり、やめられなくて困っているというご相談をいくつも

いただきました。

 

ですので、お教室を選ぶ際は、実績はもちろん大切ですが

〇その教室の指導内容や方針に心から納得できるか

〇その教室にだったら受験を別としても、

 大切なお子さまをお任せできるか

ここをしっかり見極めてください。

 

大手塾がいいか個人塾がいいかについても、

大手塾のメリットは、

〇情報が豊富にること

 〇模擬試験の分母が多いこと

 〇教室ごとに担当校が決まっているので、志望校が変わった場合などに

  同じ塾の中で教室移動することによってアジャストできること

などがありますが

大手塾のデメリットは

〇細かい部分をフォローはしてもらえない

 〇先生が忙しくてご相談がスムーズにできない

などがあります。

個人塾や小さなお教室のメリットは

〇丁寧に見ていただける

 〇先生とのコミュニケーションがスムーズにできる

個人塾や小さなお教室のデメリットは

〇大手とくらべて情報量が少ない

 〇分母が少なく、精度の高い模擬試験が受けられない

 〇志望校が変わった場合、学校別対策を受けられない

など、そのメリットデメリットは真逆です。

どちらが良いかは、お子さまのタイプとお母様の考えによって違うと思います。

 

大手でも個人塾でも、教室によっては、

夏期講習をすごいコマ数取らなくてはならなかったり

幼児の授業としてはあり得ないような長時間のレッスンを

受けなくてはならない、ということも残念ながらござます。

また、最近では授業の進捗スピードが異様に早い教室も多く、

合格率の高さからその教室を選んだものの

お子さまが教室の授業についていけず悩まれるというケースも

大変多くなっています。

その教室が本当に信頼のおける教室なのか、

それを判断できるのはお母様なのです。

 

もし学校選びやお教室選びで、お困りになったり

お迷いになる場合、まずは小学校受験に明るい方に相談をされ、

受験に向けての方向性を明確にし、作戦を立てられる

ことをおすすめします。

 

ミセスサリヴァンでも、受験カウンセリングを承っておりますので

学校選びや塾選びでお困りの方がいらしたらご連絡くださいませ。

基本的にミセスサリヴァンは完全会員制ですが、初回カウンセリング

については、ビジターの方のお申し込みをお受けしております。