言水倫子の家庭教師道
体験レッスンのお申込
料金のご案内

女子校受験で合否を分けているもの




こんにちは!幼児向け家庭教師ミセスサリヴァン


代表の言水(ゴンスイ)です。



「小学校受験で女子校を受験したい」



「共学校と女子校の違いはなに?」


そんな風に思っていらっしゃる方は多いと思います。


昨年度の受験でとくに女子校に実績を出されたS先生に


女子校受験の必須項目についてインタビューしてみました。


S先生の昨年度の生徒さんたちは


〇東洋英和小学校


〇立教女学院小学校


〇白百合学園小学校


などに合格されています。


ここでは、学校でも必要ペーパー力についてはお話しせず、


女子校にテーマを絞ってお伝えします。


ちなみに、最終的に女子校の合否をわけているのは、ペーパー力ではありません。


共学の難関校に合格されている方でも、


女子校に必要な要件を備えていらっしゃらないお子さま・ご家庭の場合、


女子校にはご縁をいただけないからです。



Q S先生、女子校に合格をいただくのに、どんなことが必要ですか?


A. まず絶対の基本は


1.自然な挨拶


2.自然な笑顔


3.自然な気配り


この3つができていることです。

(あえて自然というのは作られたものではなく、しっかり身についているということ)


それらはすべて、お母さまがお手本となってこそ身につくものです。


お母さまがいつも


優しい笑顔とお気持ちでお子様に接する


所作が美しい


頭ごなしに叱るのではなく、お子さまに諭して伝える


そんな風であってこそ、お子さまに基本的な作法が身に付きます。


ちなみに気配りはイコール、思いやりです。


お子さまに愛情をたっぷりと注ぎ、家族の和を大切に育んでください。



また、その3つの基本のつぎにあるのが



1.挨拶やお片付けなどの生活習慣が身についていること



2.約束事やルールを守ることができること



3.指示に素直に従うことのできる謙虚さをもっていること

 (※とくにミッション系の学校では必須)


4.豊かな感性を持ち、素直に表現できること


5.自分の考えがしっかり伝えられること


6.それと同時に他者の考えをしっかり受け止めることができること



この6つの力です。





これらを育むために、ご家庭ですぐにでも取り組んでいただきたいのが



★しつけはきちんと、しっかりとすること


★お手伝いを必ずさせること 

  ( 人の助けになることを進んでできるようになる。また

    まわりの人への感謝の気持ちを持てるようになる)


★ 自立させること

 ( 自分のことは自分でできること)


★家庭の雰囲気を温かく細やかな愛情で満たすこと

 ( 願書・面接で必ずここが問われます)


★場をわきまえることができるようにしておくこと

 ( たとえば待つ姿勢や態度は考査の時にも必ず見られます。

  最低15分は落ち着いて静かに待つことができる必要があります)


上記5項目です。



ここまでご覧になって、


え?こんなこと?


試験で直接聞かれないことばかりに見えるけれど・・・


そんな風に思われる方がいらしたら、お電話かメールでお問い合わせください。


プロの売れっ子小学校受験講師と、女子校出身でクリスチャンの弊社のマネージャーと


創業以来様々な合格パターンを見させていただいた私とが、納得して出た結論です。


それと、直接考査で聞かれることではぜひ!!


巧緻性


をしっかりと対策してくださいませ。


巧緻性は身を助けます


女子校志望だけれど本当は共学向き、というご家庭で


巧緻性をガッチリ強化していた方が、慶應対策されていなかったにもかかわらず


慶應義塾横浜初等部


にご縁をいただく、ということもあるのです。



女子校受験に必要な素養はすぐには身につきませんから、


今日からの1日いちにちをご家族で大切に慈しんでお過ごしくださいませ。


それでも迷ったり困ったりされた場合には、ミセスサリヴァンにご連絡ください。


女子校に強い先生、おります。


IMG_2722.JPG








このブログ記事について

このページは、Sullivanが2018年1月 4日 20:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小学校受験で一番有効な資源とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • カテゴリを追加